占い師に聞いた!引越しにまつわる運勢の疑問やあれこれ

引越しは「家移り」と言って遠い昔、平安の頃から運気を高める方角・運気を下げる凶の方角などに気を遣いました。

そこで引越しに関する運勢や方角について考察していきます。
 

引越しに関する運勢とは?

引越しは仕事や生活など自己都合で止む無く住む場所を変える事ですが、占い師の目から見ると「何故この日・この方角に引っ越したのか?」と思う時があるそうです。

早い話が風水学で言う運気を上げ下げする事を意味します。

引越しした後に体調が優れない・悪い事が続く・トラブル続きなどが頻発しているなら、運勢の良くない方角・日取りで引越してしまった可能性が高いです。

確かに家財道具を荷造りして運ぶ事は重労働なので疲れが溜まって取れないだけと現実的な理由も存在しますが、土地のエネルギーが合わない・風水で凶の方角など不思議な理由も存在する事をお忘れなく!

 

引越し最悪のキーワード「五黄殺」

五黄殺(ごおうさつ)と呼ばれる方位は引越しの際に注意しなければいけません。

2016年では北東が五黄殺になり鬼門に当たる方角です。

更に裏鬼門の西南も暗剣殺(あんけんさつ)と呼ばれる凶方角になるので注意しましょう。

今年は歳破(さいは)と呼ばれる凶作用は弱いが良くない方角が北東と五黄殺と重なる最悪の年と呼ばれていますので、現在の住所から引越す場合は北東・西南は避けた方が無難です。

占いの方違えと呼ばれる方法で凶運を避ける方法がありますが、凶作用が強い2016年はあまり効果が期待出来ないのでお勧めしません。

 

占い本で見る避けるべき方角とは?

昨今占いに関する書籍が増えていますが、専門用語などがあって読み解きにくい方も多いのではないでしょうか?そこで用語について詳しくご紹介していきます。

まず五黄殺は病気・不和・トラブルを招きやすい方角になります。

凶運へ傾く力が強いので引越しだけでなく旅行なども避けた方が良いですね。

次に暗剣殺は他人に巻き込まれやすく苦労が絶えない方角で、落ち度がなくても災難がやってくる可能性があります。

歳破は運気が衰えやすくなり、本命殺は健康面でダメージを受けやすくなります。

一白水星や八白土星など本命星によって影響のない場合もありますが、五黄殺・歳破・暗剣殺は全ての本命星に当てはまるので気を付けましょう。

 

凶運を避ける方法とはどうしたら良いの?

風水的に方角が良くない場合に占いの易学でも同じように良くない方角として言われるケースが多々あります。

気にしない方もいますが少しでも運気を上げたいなら頭の片隅にでも置いておいた方が良いかもしれません。

ただ引越ししないと生活が成り立たない事もありますので対処法を考察します。

対処には方違いなど遠回りしたり、吉方位に数週間から数か月逗留して目的地に行く方法もあります。

基本的に吉方角に行くようにする事が最大の対処になり、凶方位を避けるよりも大事で吉方角で相殺させる方法もあります。

引越しの耳寄り情報

ところで、引越し会社はもう決めましたか?

実は、会社選びを間違うと、金額が万単位で変わりますが大丈夫でしょうか?

こちらに安く引越す情報が書いてありますので、ぜひ参考に見てください!

手間をかけずに引越し料金を50%下げるたった1つの方法

安く引越す情報はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*