三隣亡と引越し日が重なった時の【2つの注意点と対応策】

三隣亡とは、かつて建築に関係することは一切忌むべきとされた日のことです。

現在もこれを気にして引っ越しや家移りを避ける人は少なくありません。

また、引越しの挨拶で物を貰うのも避ける場合があります。
 

三隣亡の日に引越しするのは縁起が悪い?

三隣亡は、江戸時代から見られるようになる、建築関係の全てを忌むべきとする日です。

この日に棟上げなど建築に関わることを行なうと、三軒両隣を滅ぼすと言われていました。

現在でも引越しをするのにこの日を避ける人は少なくありません。

特に山形県では三隣亡を気にする人が多く、1年を通して家を建てるのを忌避する年間三隣亡という年まで存在します。

それ以外の地域でも、ある年代以上の人はこの日に引越しを避ける傾向にあり、更に自分が引越すだけでなく、誰かが引越してくるのを見るのも不快に感じる場合もあります。

 

三隣亡の日にご近所へ挨拶に行くのは失礼?

三隣亡の日に引越しをするのを避ける人が少なくないのに加えて、三隣亡の日に贈り物をするのを忌む地域もあります。

新潟県や群馬県の一部地域では、この日に贈り物をもらった家は没落し、贈った家は栄えるという言い伝えが残っています。

つまり、引っ越しの挨拶でタオルや蕎麦をもらうことは、引っ越してきた人達だけが栄え自分達は没落することにつながると感じる人もいるのです。

この地域に引っ越す場合にはそのことに注意するのは当然のことながら、他の地域であってもこの言い伝えを知っている人がいる可能性を考え、挨拶に行く際には注意しましょう。

 

三隣亡は迷信ではありますが・・・

三隣亡の日に引越しをすると三軒両隣が滅ぶと言われているので引越しは避ける、と言うと、そんな迷信を気にするのかと思う人も多いでしょう。

実際に、三隣亡の日に引越しを行なっている人もいますが、その三軒両隣の人がことごとく滅んだという話を聞いたことがある方はいるのでしょうか。

しかし、迷信だからと言って、三隣亡を気にしている人に対しても単なる迷信だと押し付けて良いということにはならないのです。

結婚式に仏滅を避ける人が多いのと同じように、上の年代の人や?をよく読む人にとっては引っ越すのに選ばない日であり、物をもらうことについて嫌な気持ちになる日かもしれないということを少し注意しておきましょう。

 

荷物を運ぶ日や挨拶をする日を別の日にするのもあり?

三隣亡の日を気にしていても、引越しの日程は変えられないということはあります。

たとえば就職や転勤など、短い休みの間に全ての作業を終わらせなくてはならない場合は、三隣亡など気にしていたら引越しが終わらなくなってしまいます。

そういった場合は、たとえば自分が三隣亡の日に新居に移動し、荷物を受け取るのを後の日にずらす、またはその逆を行なえば、引越しを終える日を変えられます。

また、近所の人に挨拶をするのは新居に移る前がマナーですから、大安を選ぶことも可能です。

もしも新居が遠くて事前に挨拶できなければ1週間以内に挨拶をするのがマナーと言われていますから、その中で縁起の良い日を選ぶと良いでしょう。

引越しの耳寄り情報

ところで、引越し会社はもう決めましたか?

実は、会社選びを間違うと、金額が万単位で変わりますが大丈夫でしょうか?

こちらに安く引越す情報が書いてありますので、ぜひ参考に見てください!

手間をかけずに引越し料金を50%下げるたった1つの方法

安く引越す情報はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*