引越しにまつわる仏滅と大安の【縁起とお金の話】

結婚式やお葬式で日取りを決めるのに最も気にする方の多い六曜は、引越しの日取りを決める際にも関係してくるのでしょうか?

引越しにはどんな日が良いのか、どんな日が悪いのか詳しく見ていきましょう。
 

仏滅の日に引越しするのは避けた方が良い?理由は?

中国から始まった六曜は占いのようなもので、物事の吉凶を知るために用いられていました。

六曜では大安が一番縁起の良い日になり、結婚式などのおめでたい日や新しい事を始める日に最も適している日とされています。

それらの事を受けて、引越しなどの新しい生活を始める時には大安が良いといった習慣が付いているのです。

反対に赤口や仏滅は最も縁起の悪い日とされているため、引越しするのは避けた方が良いと思われている人が多い傾向にあります。

そのため赤口や仏滅の日には、引越し業者を利用する人が少ない傾向にあります。

 

仏滅以外の日はどう?やっぱり大安がおすすめ?

引越しをする日で最もおすすめするのは大安ですが、先勝も引越しには向いている日と言えます。

先勝は行いを急ぐと縁起が良い日と言われているため、この日に引越しをするなら朝早く作業に取り掛かるのが良いでしょう。

そして友引は朝晩は吉となりますが正午は凶となりますので、引越し作業をするのであれば夕方から取り掛かるのが良いとされています。

次に先負は行いを急がず慌てないようにする日とされ、午前中よりも午後に縁起が良くなるため引越し作業は午後からゆっくりとするようにしましょう。

赤口はお祝い事には大凶の日とされ、正午までは縁起が良い日となっています。

そのため引越しをするには、最も悪い日となるのです。

 

仏滅は引越し料金が安いって本当?

仏滅は何をするのにも縁起の悪い日といったイメージが強いため、引越しの日取りを決める際にはこの日を避ける人が多い傾向にあります。

そのためほとんどの業者は、最も依頼の少ない仏滅の日に少しでも多くの依頼を受けようと割引などのサービスを行うのです。

何をするのにも縁起の良い日として知られている大安には、依頼が最も多くなるため料金も高くなります。

それらの事を考えると、大安の日よりも仏滅に引越しを行うと、何も交渉しなくてもお得に引越しのサービスを行う事が出来るのですよ。

 

実は引越しは、仏滅の日が良い!

仏滅は大凶の日として知られているため、何かをするのには出来るだけ避けたい人が多いものです。

しかし仏滅は、もともと物滅と呼ばれていて、物が一旦滅んだ後に新たな物事が始まるため、物を失わないように気をつける日とされていたのです。

そのため、物事を始めるのに最も良い日となっているのです。

これは、引越しには最適の日となるのではないでしょうか。

今まで住んでいた住居を離れて新しい住居で新しい生活を始める事となるのですから、仏滅の意味ととても合っています。

引越しをする際には、荷物を全て移動させる事となるため、その際に物を失わないように気をつけましょう。

引越しの耳寄り情報

ところで、引越し会社はもう決めましたか?

実は、会社選びを間違うと、金額が万単位で変わりますが大丈夫でしょうか?

こちらに安く引越す情報が書いてありますので、ぜひ参考に見てください!

手間をかけずに引越し料金を50%下げるたった1つの方法

安く引越す情報はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*