大阪住まいの新婚さん必見!新婚世帯の家賃補助制度とは?

最愛のパートナーとの新居探しに胸を弾ませておられるあなた、どのようなお部屋をお探しですか?

大阪市内でお部屋をお探しの新婚さんにお勧めなのが特優賃の家賃補助制度です。

この制度は一体どういうものなのでしょうか。

 

選べる物件の標準的な間取りは?

特優賃は40歳以下の新婚夫婦や子育て世帯の市内定住率を確固とするために発足した制度です。

入居者にとっても家賃の補助があるため負担が軽減され、人生設計を安心して立てることができます。

このような世帯が不自由なく生活できるように、特優賃物件は平均専有面積が60平方メール超で、2LDK・3LDKが標準的な間取りとなっています。

お部屋の内の9%以上が収納スペースとなっているのですっきりと、新婚夫婦やお子様のいる家庭でもゆったりのびのびとした空間で安心した生活をお送りいただけるようになっています。

 

特優賃の物件はどのエリアに集まっている?

大阪には特優賃対象の賃貸物件が数多くありそうですが、一体どのエリアに多く集まっているのでしょう。

大阪市が特優賃情報を提供しているウェブサイトによると、市南東部にある平野区に多く物件が揃っており、次いで市最南部にある住吉区、その次が市の最も東にある鶴見区となっています。

市の南西に位置する住之江区でも特優賃物件は少なくありません。

ほかにも、アクセスに優れた北区や中央区にも複数あるためチェックしておくと良さそうです。

どの街も暮らしやすいため人口が多く、活気のある街だと言えるでしょう。

 

家賃補助の期間はどういう条件になっている?【大阪市・堺市・大阪府全体】

“家賃補助を受けられる期間は地域や婚姻届を提出した時期や条件によって異なります。

大阪市では、A型(申込日現在、過去1年以内に婚姻届を提出している世帯・当該年度中に婚姻届を提出する世帯)は72カ月以内この制度を受けることができ、B型(申込日現在、過去1年をから2年以内に婚姻届を出している世帯)は60カ月以内を受給期間としています。

堺市の場合は入居開始月から最長60カ月と定められています。

また、大阪府全体の取り決めとしては入居日から計算して最長で6年間の補助が認められています。”

 

実際に特優賃の物件を申し込む手順とは

次は家賃補助についての申込み手順を覚えておきましょう。

まず、仮申し込みをすると、お部屋確保として仮申し込み完了メールが送信されます。

そのメールがきて3日以内に本申込みを済ませ審査を待ちます。審査が通ると入居契約は締結され、鍵渡しを経て入居となるのです。

申込み書類としては、運転免許証や健康保険証といった本人確認書類が必要です。

それから、給与収入の方は現在の勤務先の源泉徴収票か、住民税課税証明書のどちらかを、給与収入以外の方は最新の確定申告書(控)か、住民税課税証明書、年金受給者は公的年金等の源泉徴収票や年金証書を用意する必要があります。

あとは印鑑を忘れないようにしましょう。

引越しの耳寄り情報

ところで、引越し会社はもう決めましたか?

実は、会社選びを間違うと、金額が万単位で変わりますが大丈夫でしょうか?

こちらに安く引越す情報が書いてありますので、ぜひ参考に見てください!

手間をかけずに引越し料金を50%下げるたった1つの方法

安く引越す情報はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*