【引越し】1分で分かる!知っておくべき公共料金手続きリスト

引越しをする際には、様々な公共料金の手続きが必要です。

引越し前の住居の利用停止手続きはもちろんの事、引越し先の住居でも利用開始の手続きが必要です。

そこで、引越し時には公共料金の手続きリストを作成し、手続きを忘れない様に行っていきましょう。
 

引越し前後に確認する公共料金の手続きについて

引越し前後の住居では、ガス・水道・電気の公共料金の手続きがそれぞれ必要になります。

その際には、公共料金の手続きリストを作成し、それぞれ利用停止と使用開始を行ったかについて確認していきましょう。

利用停止の手続きをしない場合は、永遠に使用料金を支払う事になります。

使用していない場合でも、基本料金の支払いは発生するので、しっかりと使用停止の手続きをしなければいけません。

利用開始の手続きをしていない場合は、もちろん利用ができませんので、引越し日に必ず行いましょう。

 

引越し時の電気の手続きについて

引越し前の住居では、引越し日が決定したらすぐに、電力会社に使用停止の手続きを行います。

手続きには、電話やFAXが利用可能で、電力会社のウエブサイトからも手続きが可能です。

また、手続きの際にはお客様番号が必要になります。

検針票や領収書に記載されているので、事前に準備しておきましょう。

電気の使用を引越し先で開始する際には、部屋のブレーカをオンにし電気がつく事を確認します。

その後、部屋にある電気使用開始手続書に必要事項を記入し、ポストに投函します。

また、電話やインターネットでも使用開始手続きは行えます。

 

引越し時の水道の手続きについて

引越し前の住居では、水道の使用停止の手続きを行います。

引越し日が決まった時点で、利用停止の連絡を電話で行いましょう。

利用停止の際に立ち会う必要はありませが、手続きの際には検針票や領収書に記載されているお客様番号を確認しておきましょう。

手続きは遅くても2日前には済ませます。

土日は営業していない場合があり、水道代を使用停止日以降も余分に払うおそれがあります。

引越し先で利用を開始をする際には、担当地域の水道局に連絡します。

使用開始の際も、立ち会いは必要ありません。

また、連絡先は不動産会社の案内などに記載されている場合や、部屋の水道に使用開始の案内が取り付けられている場合が多いです。

 

引越し時のガスの手続きについて

引越し前の住居では、ガスの利用停止の手続きを行います。

最低でも、使用停止の1週間前には連絡する必要があります。

なぜなら、ガスは使用停止の際に立ち会いが必要になるからです。

その為、急に依頼しても、込み具合によっては手続きができない場合があります。

ガス代は、使用停止の手続きの際にその場で検針を行ってもらい清算します。

引越し先のガスの使用開始の際も、立ち会いが必要になります。

その為、引越し日が決まった時点でガス会社に連絡を入れ、使用開始の立ち会い時間を決めておきましょう。

引越しの耳寄り情報

ところで、引越し会社はもう決めましたか?

実は、会社選びを間違うと、金額が万単位で変わりますが大丈夫でしょうか?

こちらに安く引越す情報が書いてありますので、ぜひ参考に見てください!

手間をかけずに引越し料金を50%下げるたった1つの方法

安く引越す情報はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*