NTT加入者は必須|引越しによる固定電話の手続き方法

固定電話を使っている場合、引っ越しの際に電話回線の移転手続きをする必要があります。

引っ越したその日から電話回線を使いたいと思ったら、なるべく早い時期に手続きをしたほうが良いでしょう。

 

今使っている電話番号は引越し先でも使えるの?

同じ固定電話の電話番号を引越し先でも使えるのか気になるところです。

同一市内に引っ越す場合には同じ番号を使える場合があります。

ただし、同一市内でもNTTの収容局が異なれば番号を変更する必要がある場合もあります。

引越前にNTTに確認したほうが良いです。

同一市内以外に引っ越す場合には残念ながら電話番号を変更しなければなりません。

番号が変わる場合には引越前の番号に電話がかかってきた場合に、3ヶ月間音声テープで引越し先の番号を知らせてくれる無料のサービスが提供されています。

 

固定電話の引越しは工事が必要なの?工事費用はいくら?

固定電話の引越しは工事が必要なのか、費用はいくらなのかも気になるところですが、引越し先にすでに電話回線が引きこまれている場合は、NTTの局内での工事のみとなるので、自分で特別に何かする必要はありません。

費用は2,000円(税抜き)となります。

電話回線を新たに引きこむ場合には電話契約者が立ち会いの上で引越し先で工事を行います。

時間は30分から1時間30分ほどで終わります。

費用は4,500円から10,000円程度(税抜き)となります。

状況によって費用は変わるのでNTTに確認をしたほうが良いでしょう。

 

インターネット回線とまとめた方が安くなる!?一緒にする場合のメリット・デメリット

引っ越しの際にインターネット回線と電話回線をまとめようと考える人もいるかもしれません。

インターネット回線と電話回線をまとめる場合、電話はIP電話になります。

NTTではひかり電話という名称でサービスを提供しています。

メリットとしては料金は従来の電話回線よりも割安になります。

デメリットとしては停電時に従来の回線のように電話線から電気の供給を受けて電話を使用することはできません。

もっとも現在は携帯電話などが普及しているので、災害時の大規模な停電以外ではさほど困ることは無いと思われます。

 

固定電話の移転のためにすべきこと

固定電話の移転手続きは固定電話からは116番に電話して申し込みます。

NTT東日本は午前9時から19時まで、NTT西日本は9時から17時まで対応しており、年末年始以外は週末も営業しています。

また、NTTのホームページからも申し込みが可能となっています。

手続きの際には電話番号、電話契約者の名前、現在の住所と新住所、工事希望日、料金支払い情報が必要となるので申し込み前に確認しておきましょう。

移転手続きは春の引越しシーズンなどには混み合うので、余裕を持って2週間前には申し込みをしたほうが良いですね。

引越しの耳寄り情報

ところで、引越し会社はもう決めましたか?

実は、会社選びを間違うと、金額が万単位で変わりますが大丈夫でしょうか?

こちらに安く引越す情報が書いてありますので、ぜひ参考に見てください!

手間をかけずに引越し料金を50%下げるたった1つの方法

安く引越す情報はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*