ガス開栓の申し込みは早めが大事!【引越しに伴う手続き解説】

引越しに関する手続きは非常に多く煩雑ですが、中でもガスの開栓申し込みに関しては即日対応出来ませんので予め申し込みをしないといけません。

そこでこの記事では、ガスの手続きについて解説していきます。
 

引越し先のガス開栓はすぐに出来ない?立会いが必ず必要?

引越しが決まったらガスの開栓・閉栓手続きを申し込みします。

同じガス会社管内か別会社管内なのか最初にチェックします。

また、実家から一人暮らしする場合は開栓手続きだけになります。

引越し当日になってからの申し込みでは業者が対応出来ず、ガスが使えない状況で料理・お風呂などに不便が生じます。

ただ開栓するだけでなく機器のチェックも行って漏れがないか確認する為に立会いが必要になりますので、不在中に勝手にしておいてと言う訳にはいきません。

出来れば引越し前日又は当日の荷物の運び入れ前に立会いを完了させておきましょう。

 

いつ申し込めばよい?

ガス会社によって「いつ」までに申し込みをするのかは違っていますが、早ければ早いほど希望の日時に立会予約が取れるので、引越し日時が決まった時点で申し込みます。

特に2・3月は異動・新社会人・大学進学などで引越しのピークがありますので、開栓立会希望日が取れない可能性が高く、予備日を数日準備して申し込みします。

手続きはインターネットで申し込めるガス会社もありますので、平日に電話する事が難しい方は時間外でも利用できて便利です。

開栓する際に新居で使用するガス機器の点検がありますので予め準備しておきましょう。

 

ガス機器の取り付けも出来る?

開栓手続きの立会いでガス機器のチェックや使用説明がありますが、配管チューブや接合部品などが揃っていれば機器の取り付けも同時に行ってくれるので、取り付けについて心配な方はお願いできるチャンスです。

申し込み手続きでお願いしても良いですが、当日になって取り付けが難しいと思ったらお願いしても大丈夫です。

ガス料金の支払いについても説明があり申込書を渡されますので、判らない点などがあればその場で質問してみましょう。

稀に保証金を支払って欲しいと言われますので、申込受付で確認しておくのも大事です。

 

絶対にガス機器は準備しないとダメ?

新居で使うガス機器が立会いの時に準備出来ない場合もあります。

後付けのガスコンロなど安い物を後でゆっくり買い物する場合は規格などを立会いの時に担当者に確認しておきます。

必ず準備しないといけない訳ではありませんが、万が一ガス漏れなどがあると大惨事になってしまいますので出来る限り前もって準備しておきます。

業者によっても対応が違う可能性もありますので不安な方は申し込み手続きの際に確認しておくと良いでしょう。

申し込み時に担当者の名前などを連絡する場合もあるので、メモを忘れずに取っておきましょう。

引越しの耳寄り情報

ところで、引越し会社はもう決めましたか?

実は、会社選びを間違うと、金額が万単位で変わりますが大丈夫でしょうか?

こちらに安く引越す情報が書いてありますので、ぜひ参考に見てください!

手間をかけずに引越し料金を50%下げるたった1つの方法

安く引越す情報はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*