【引越し】すぐに使えるの?点かないと困る電気の手続き

引越しには、様々な手続きが伴います。その中には、新しい住居の電気の使用手続きなども含まれています。

そこで、新しい住居に引越しした際の電気の手続きについて紹介していきます。
 

電気の停止・開始はいつ手続きをすればいい?

引越す事が決定した際には、これまでに住んでいた住居の電気使用停止の手続きを行います。

手続きするタイミングは、ご自身が電気の使用を停止したい日が決定した時になります。

つまり、引越し日まで電気を使用される場合は、引越し日が決定した時点で、電力会社に電話やFAX、ウエブで使用停止の手続きを行いましょう。

引越し先では部屋のブレーカをオンにし、使用開始手続書に必要事項を記入してポストに投函します。

また、使用開始手続書が無い場合は、電話やウエブからも申し込みが可能です。

引越し前の住居で、口座引き落としを利用している場合は、そのまま口座引き落としを継続する事も可能です。

 

電力会社に手続きの際にどんな事を聞かれるの?

電気の使用を停止する際には、電力会社へ電話すると、住所・氏名・お客様番号などを聞かれます。

また、引越し日時や引越し先、支払い方法などについても質問を受けます。

お客様番号は検針票や領収書に記載されていますので、電話を利用して手続きをされる場合は事前に準備をしてから電話しましょう。

電気の使用を開始する際に電話を使用する場合は、新しい住居のドアなどに取り付けられている電気使用開始手続書でお客様番号を確認してから電話します。

また、使用開始手続書がない場合でも手続きは可能です。

お客様番号以外には、氏名や住所、支払い方法について質問を受けます。

 

住民票を移さなくても契約できる?

電気の手続きには住民票は必要ありませんので、現住所と住民票の住所が違う場合でも手続き可能です。

したがって、住民票を新しい引越し先の住所に変更する必要はありあません。

電気を新しい引越し先で使用する際には、部屋にあるブレーカーをオンにするだけで、すぐに使用を開始できます。

しかし、ブレーカーをオンにしてもつかない場合は、電力会社に連絡する必要があります。

後は、使用開始の手続きを忘れない様に行います。

引越し前の住居の電気料金の引き落としは、利用停止日から約2週間後になります。

また、払込票を利用する場合も約2週間程度で新住所に届きます。

 

立ち会いが必要な場合もあるの?

引越し前の電気の手続きで、電力会社の方に立ち会ってもらう必要があるのは、住居の電気料金を現地で清算したい場合です。

そういった場合は、引越し日が確定した時点で電力会社に連絡し、引越し日にその日までの日割り料金を現地で清算したい旨を伝えましょう。

また、オートロックなどで検針ができない住居の場合も引越し日に立ち会いが必要になります。

引越し先で立ち会いが必要となるのは、住居に電気温水器やエコキュートが設置されている場合です。

こういった場合は、通電作業に立ち会いが必要になる場合があります。

引越しの耳寄り情報

ところで、引越し会社はもう決めましたか?

実は、会社選びを間違うと、金額が万単位で変わりますが大丈夫でしょうか?

こちらに安く引越す情報が書いてありますので、ぜひ参考に見てください!

手間をかけずに引越し料金を50%下げるたった1つの方法

安く引越す情報はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*