引越しスケジュールの全体像を知ろう!手順・作業フローの解説

引越しをするときは、依頼したからといってすぐに行われるわけではありません。

依頼するまでの手順もありますし、そこから日にちを決めたりしてスケジュール調整をした上で始めて行きます。

 

大まかな引越しのスケジュール

引越しをするときは、依頼したからといってすぐに始まるわけではなく、まずは電話やネットから予約することが必要になっています。

手順で言えば、「依頼→スケジュール確認→運び出し→運び入れ」という作業フローになっています。

スケジュール確認に関しては、依頼をした日にちに本当に引越を行うことができのかということを確認するために行っていきます。

これらの作業フローで主に行われていくわけですが、場合によっては運び出しの前に梱包作業が入ったり、粗大ゴミの処分等が入ったりもします。

 

依頼してからは何をすればいい?

引越しをするときは、まず業者に依頼しなければならないのですが、依頼してからすぐに引越しが始まるわけではないために、運びだしをする前に準備をしなければなりません。

準備に際しては、荷物を梱包したり、引っ越す前の家を掃除したりしなければならないのですが、ハウスクリーニングをサービスで行っている業者も存在するために、掃除に関しては行わなくても良いです。

家電などの梱包に関しては、業者に依頼すれば行ってくれることもあるために、非常に便利です。

そのため、場所によっては特に何も準備しなくても良いこともあります。

 

運び出しの時に必要なことは?

荷物の梱包が終わったら、次は引越しをするために荷物を運び出ししなければなりません。

運びだしするときに必要なことといえば、料金の支払いと契約書にサインするということでしょう。

荷物に関しては、免責保証に入っていない限りは、業者は責任を負わないために、その時に保証に加入するかどうかを決めます。

契約書のサインが終わったら、近距離であれば引越し業者のトラックに乗って自分の家まで行きます。

遠距離の引越しの際は、特についていく心配はないのですが、荷物到着日時までに引越先の家には到着しておかなければなりません。

 

運び出しの時にすること!

荷物の運び出しが終わったら、次は運び入れ作業を行うのですが、この時に行うことは特にありません。

引越し業者が全て荷物を家まで運んでくれるために、特に準備という準備はしないのですが、梱包したものを適正な位置に設置したり、家電の設定をしたりしなければなりません。

また、引越しが終わったら次はライフラインの確保をしなければなりませんよ。

引越しをしたからといって電気やガスがすぐに使えるわけではなく、水道局・電力会社・ガス会社に依頼することによってライフラインを繋げる作業を行います。

これは、引っ越す前の段階に行っておくと便利ですね。

引越しの耳寄り情報

ところで、引越し会社はもう決めましたか?

実は、会社選びを間違うと、金額が万単位で変わりますが大丈夫でしょうか?

こちらに安く引越す情報が書いてありますので、ぜひ参考に見てください!

手間をかけずに引越し料金を50%下げるたった1つの方法

安く引越す情報はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*