魂抜きは必要?仏壇の処分で気をつけるべき3つの事

住居などの引越しの際に、移転先に新しい仏壇を設置する場合もあるでしょう。

その際、「古い仏壇の処分はどうしよう・・・。」と困った経験はありませんか?

この記事では、仏壇の処分で気をつけるべき3つの事について解説します。

 

仏壇の処分をどうすればいいか分からなくて困る・・・

昔の仏壇は大きくて引っ越し先にも置き場所がない・移動させるにも何か儀礼が必要かどうかも判らない方が多いのではないでしょうか。

粗大ごみに出すのは何となく後味が悪いし、買い取り業者に出せる物でもありませんよね。よく魂抜きが必要だと聞くけど、どんな方法で絶対に必要かどうかも良く分からなくて処分に困る物です。

そこで幾つか処分方法をご紹介していきますが、費用面・精神面・信仰心なども含めて考慮する必要があります。

 

仏壇の魂抜きとは?必ず必要なこと?

新しくお墓や仏壇・神棚を購入した際に信仰している対象(先祖霊・お稲荷様・神様など)を呼び入れる為に開眼供養(魂入れ)が行われます。

逆に引越しなどで仏壇を処分した場合には一度魂抜き(閉眼供養)を行って、改めて新しい仏壇に魂入れを行う必要があります。

先祖霊などは自然に宿るモノではなく、冥途から呼び寄せているのですから魂入れ・魂抜きは安らかに過ごしてもらう為に必要な儀式なのです。

罰なんて当たらないなどと考える方もいるかもしれませんが、もし自分が子供にそのように扱われたとしたら悲しい気持ちになりますよね?

 

魂入れ・魂抜きの方法とは?

最初に普段法要などで読経してもらっている住職に魂入れ又は魂抜き法要を依頼します。依頼の際に処分方法についても相談してみると良いかもしれません。

本来は御焚き上げで仏壇を処分するのですが、引き取りをしない菩提寺もありますので確認しておきましょう。

読経によって仏壇をただの木製家具に変える事になります。

信仰する宗派によっては供物などが必要になる場合もありますので、打ち合わせで確認しておきます。

読経のお布施は打ち合わせで直接住職に金額の確認しておくとベストですが「気持ちで結構です」と言われる場合がありますので、法事などで支払う金額を参考に予想します。

 

魂抜きの際の注意点とは?

肝心なポイントでは魂入れを行っているのかを事前に確認しておきます。

浄土真宗などでは行っていない場合もあるので、菩提寺に魂入れを行っているのか確認出来ます。

仏壇を処分先に出した後に小引き出しに貴重品を入れていたり、位牌や写真などが残っているケースが多く見受けられますので最後にキチンと確認しておくようにします。

一緒に古い位牌を処分したいなら、菩提寺に依頼して御焚き上げしてもらいます。

処分費用を安く上げるならごみ処理業者よりも新しく仏壇を購入する仏具店などに依頼すると意外と割安で廃棄してもらえるかもしれません。

引越しの耳寄り情報

ところで、引越し会社はもう決めましたか?

実は、会社選びを間違うと、金額が万単位で変わりますが大丈夫でしょうか?

こちらに安く引越す情報が書いてありますので、ぜひ参考に見てください!

手間をかけずに引越し料金を50%下げるたった1つの方法

安く引越す情報はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*