今すぐ引越したい!即日・最短での引越しは可能か調べてみた

今すぐ、引越ししたい方はまず物件探しで即日入居できる物件を見つけましょう。

物件が決まればすぐに退居日を住んでいる不動産へ連絡し、各種手続きを行います。

引越し当日は、予定日の業者もしくは知人に頼みます。
 

インターネットや雑誌を利用して即日入居可能な物件を

すぐに引越ししたい方は、インターネットでまず物件探しで入居状態をチェックします。

「~月退居予定」と書いてある場合は、その日まで引越しできないので、「即日」と書いてある物件を選択しましょう。

もし、「即日」の物件が無い場合は、担当の不動産に電話して相談してみても、見つかる可能性があります。

インターネット上では更新されていない物件もありますし、人気のない物件も空きがあります。

インターネットを利用しないで雑誌等で物件を探す場合は、定期的にしか販売されていないので、不動産会社に電話して即日に引っ越したい旨を伝えます。

 

引越し先が決まったら退去手続きを

新しい物件が決まったら、現在住んでいる物件の退居する旨をすぐに伝えます。

物件によりますが、退居する旨を伝えてから数日は退居が出来ない事が多いです。

また、退去時は立ち合いを必要とする会社がほとんどですので、日程調整をします。

その際に、電気、ガス、水道などの公共機関への退居連絡も行います。

もし部屋を出る日に合わせて、連絡をして行わないと利用料金が引き続き発生します。

また、引越し先でも同じ会社の電気やガス、水道が使えるなら、その時点で入居日を伝えてすぐに使えるようにしておくと一石二鳥です。

 

速やかに各種届の申請をしましょう

引越し先が決まり、退居予定も決まったら、市役所へ向かい、転出届や住民票の移動を行います。

注意しなければならない事は、転出届は退居予定日を決めておき、申請できますが、転入届は新しい物件へ引越した日からしか出せません。

その際、転出証明書も必要になりますので、転出届を出す際に発行してもらいます。

また、郵便物の住所も変更しておきます。

郵便局へ行き、転居する旨を伝えれば書類をもらえるので記入して提出すれば、郵便局からの書類は1年間は新しい物件に届きます。

1年間を過ぎれば、郵便物が送信先に返送されてしまうので、1年の間にインターネットや電話等で郵便物の住所変更を行います。

 

引越し業者や知人の力をかります

転居先も退居日も決まったら、引越し業者に見積もりを依頼しましょう。

しかし、3月など忙しいシーズンは業者も忙しく、なかなかすぐには行えない事があります。

もし、最短で行いたい場合は友人や知人と共に引越しを行うと良いでしょう。

冷蔵庫や洗濯機など車では運びにくい物はトラックをレンタルします。

レンタル会社も引越しシーズンは忙しいので、借りる場合は早めに連絡しましょう。

転居日が晴れると限らないので、屋根付きのトラックが安心ですし、走行中も落としたりする危険を避ける事ができますね。

引越しの耳寄り情報

ところで、引越し会社はもう決めましたか?

実は、会社選びを間違うと、金額が万単位で変わりますが大丈夫でしょうか?

こちらに安く引越す情報が書いてありますので、ぜひ参考に見てください!

手間をかけずに引越し料金を50%下げるたった1つの方法

安く引越す情報はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*