【息子の初めての一人暮らし】で事前に確認すべき4つのこと

自分の息子が一人暮らしをするとなったとき、男性といえどもやはり心配なものでしょう。

できるだけ苦労も少なく快適に暮らせるためには、賃貸物件選びが重要になってきます。

事前に確認しておきたい4つのポイントについて、まとめています。

 

1.一人暮らしに最適な周辺環境とは?

男性の場合、一人暮らしを始めてまず苦労するのは、やはり家事や食事に関することです。

料理が好きで自炊できる男性なら良いですが、どうしてもインスタント食品やラーメンなどが増えて、栄養も偏ってしまうでしょう。

そんなときに困らないためには、家の周辺にスーパーやお弁当屋さん、安い手作りの定食屋などがあると便利です。

そのほかにも、クリーニング店や病院も近くにあればいざというときに助かるでしょう。

買い物に困らない商業施設が近くにあるかどうかは、物件を決めるときにしっかり確認しておきましょう。

 

2.引越し費用はどの時期が割安になる?

引越し業者に依頼する際には、繁忙期を避けると引越し費用が安くて済みます。

春先からゴールデンウィーク、梅雨時期までは繁忙期なので、できれば夏場や冬などに引っ越すようにしましょう。

また縁起を気にしないのであれば、仏滅の日は割安で引越せるプランがある業者も多いです。

そのほかにも、時間を指定しないフリー時間のプランにすると、割安サービスを受けられる場合もあるでしょう。

これは前日まで、何時にトラックが来るか分からないというプランです。

基本的に、土日祝よりも平日のほうが引越し費用は安くなります。

 

3.通信環境が整っているかもチェック

男性は特に、パソコン作業をする人も多く、賃貸物件の通信環境に関しても事前に確かめておく必要があります。

古いマンションでは、インターネットを使うためには新しく回線を引かなくてはならず、そのために大家さんの許可を得なくてはならないところもあります。

回線工事においても、借りる側が負担しなければならない場合があるので、注意が必要です。

現在使っているサーバーでは使えない場合もあるので、不動産に通信環境においても調べてもらいましょう。

そのほかにも、携帯の電波が入りにくい場所もあるので、物件案内の際には自分の携帯やスマホのアンテナも見ておくと安心です。

 

4.賃貸物件の良し悪しを見定めるポイント

男性は、自分で洗濯するのも大変になってきます。

そんなときに、日当たりが悪い物件であると、洗濯物がなかなか乾かず、余計にスムーズに洗濯が行えません。

賃貸物件を決める際の重要ポイントとしては、まず日当たりの良い部屋を選ぶことが大切でしょう。

日が当たれば部屋も明るく暖かくて、光熱費も安くて済みます。

また掃除が苦手な男性でも部屋が片付くように、クローゼットや押し入れなどの収納が多い部屋を選ぶと住みやすいでしょう。

デザインが綺麗であっても収納が少ないと、部屋が荷物だらけになり、整理棚などを置いてもスペースが狭くなってしまいます。

清潔な空間を保つためにも、収納が多いと安心です。

引越しの耳寄り情報

ところで、引越し会社はもう決めましたか?

実は、会社選びを間違うと、金額が万単位で変わりますが大丈夫でしょうか?

こちらに安く引越す情報が書いてありますので、ぜひ参考に見てください!

手間をかけずに引越し料金を50%下げるたった1つの方法

安く引越す情報はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*