娘の初めての一人暮らしは慎重に!安全に住む4つのポイント

遠くに大学が決まるなどの事情で娘が一人暮らしをするとなったとき、やはり不安なのは防犯上の問題でしょう。

事件に巻き込まれる前に、まずは安全に暮らせるための予防策が大切です。

防犯のために気を付けたい賃貸選びのポイントを見ていきましょう。

 

1.立地条件と治安のバランスを考慮しよう

大切な娘が一人暮らしする場合、まずは物件付近の環境や立地条件を確かめる必要があります。

例えば駅までがあまり遠い場合は、気を付けなければなりません。

夜の帰り道、駅から家まで歩く距離が長いほど、犯罪に遭うリスクも高くなってしまうからです。
できるだけ家と駅が離れていない物件のほうが安心でしょう。

また家の近所の治安も、昼間と夜との両方を確認しておきましょう。
飲み屋が多い場所などは酔っ払いも多くなるので、絡まれては大変です。

壁に落書きが多い場所も治安があまり良くないので、避けたほうが無難です。

 

2.女性の一人暮らしに必要な最低限のセキュリティ設備

女性の一人暮らしに最低限必要なセキュリティとして、まずハイツでもマンションでも、オートロックになっていることは大切です。
できればインターフォンが声のみでなく訪れた人の顔まで映るものであれば、きちんと確認してから錠を開けることができます。

錠に関しても、二十鍵になっていたり、内側からもチェーンを掛けられるようになっていれば、安心でしょう。

そのほかに、マンションの階段や廊下、エレベーター内に監視カメラが付いているかどうかも、確かめておきたい設備といえるでしょう。

 

3.死角を作らない賃貸住宅の構造と仕様

賃貸住宅を選ぶ場合に、死角のない場所に建っているかどうかや、建物の構造についてもよく確認しておきましょう。

例えば家が並んでいる場合に、前道から家に入っていくルートが道路から死角になっていると、不審者やストーカーなどが侵入しやすくなってしまいます。
住宅街はたくさん家があると安心しがちですが、奥の突き当りの物件などは死角になっており何か起こっても見えにくいものです。

また大きな木や植え込みなどで隠れているマンションも注意が必要でしょう。
部屋によっても、正面から見えにくい部屋もあるので、位置的なものもチェックしておく必要があります。

 

4.女性専用の学生マンションも視野に入れる

近年、女性専用の学生マンションもあちこちに見られます。
そうした女性専用の物件であれば、男性の出入りが禁止されているので犯罪の予防になります。
男性不審者も目立つので、侵入しにくいでしょう。

女性専用の学生マンションは警備面も行き届いており、学生生活を安心して過ごすことができます。

親しい友達もたくさん住居している面でも心強いものです。

女性の一人暮らしを安全に暮らすには、このような女性ばかりの学生マンションも視野に入れて物件を探してみるのもひとつの方法といえるでしょう。

引越しの耳寄り情報

ところで、引越し会社はもう決めましたか?

実は、会社選びを間違うと、金額が万単位で変わりますが大丈夫でしょうか?

こちらに安く引越す情報が書いてありますので、ぜひ参考に見てください!

手間をかけずに引越し料金を50%下げるたった1つの方法

安く引越す情報はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*