受験生の時期から争奪戦!?大学合格を見据えた一人暮らし計画

大学合格を機に一人暮らしを始める方も多いでしょう。

特に、大学入試の発表前後から、限られた大学の周りの優良賃貸物件を獲得する為に学生さんとその親御さん、不動産会社の動きがあわただしくなります。

その現状と優良物件獲得のコツを考えて見ましょう。

 

合格発表後だと優良物件は残っていない!?

大学進学を機に、親元を離れて一人暮らしを始めようとする方は多いでしょう。
それに伴って、入試の結果発表前後の時期から、学校の周りの賃貸物件を借りようとする動きがあわただしくなります。

しかし、物件の数は限られており、しかも、新築やリフォームしたての優良物件はもっと数が少ないのが現状です。
ですから、入試の結果を待ってお部屋探しに動いていては、人気のお部屋は既に契約済みになっている可能性が、非常に大きいのです。

では、どのようにすれば、数の限られた優良物件に入居できるでしょうか?

 

受験生の時期からめぼしい物件を押さえておく

結論から申しますと、進学して一人暮らししようとする本命の大学が決まった受験生ときから、そのエリアの賃貸物件をチェックし、できれば不動産会社に物件についての問い合わせをして空きの予定や申込状況等を把握しましょう。

人気がある物件であれば、退去の予定が決まった段階からお部屋の募集がかけられるので、可能であれば予約や仮申込などをして、その物件を押さえておくとよいでしょう。

特に、新築物件など人気の物件はすぐに入居者が決まってしまう恐れがありますので、可能な限り前倒しで予定を進める必要があります。

 

どのエリアの学生向け物件がねらい目?

では、次にどのようなエリアが一人暮らしに適しているのでしょうか。

それは、自分が生活をしていく上で必要な条件によって変わってきます。
学生さんの場合であれば、大学に程近く、日用品の購入や医療機関などの生活を支える施設が整っているエリアということになります。

ここで、大学の程近くとは、具体的に申し上げると鉄道などを利用して1駅から2駅くらい離れたところ、でしょう。なぜなら、あまり学校の近くですと友達のたまり場になってしまったりして、学業に集中できないということもあります。

従いまして、学校からはあまり近すぎない、エリアが好まれます。

 

万が一の場合でも有利に解約できる賃借契約を

ここで、物件を「押える」とは、なんでしょうか。

それは、貸借契約をしてしまうことです。

しかし、契約をしてしまいますと家賃が発生してしまいます。

また、万が一、大学入試に失敗してしまった場合は契約をとりけさなければなりません。

そこで、大学生活用に賃貸物件を探す場合は、不動産会社にしっかりとその旨を伝え、契約書に「事情により進学できない場合は契約を中途で取り消すことができる。」等の一文を入れてもらいましょう。

一般的に賃貸借契約は契約期間設定がありますので、場合によっては高額の違約金が発生してしまう場合があります。

トラブル防止のためにもしっかりと、契約前に確認しましょう。

引越しの耳寄り情報

ところで、引越し会社はもう決めましたか?

実は、会社選びを間違うと、金額が万単位で変わりますが大丈夫でしょうか?

こちらに安く引越す情報が書いてありますので、ぜひ参考に見てください!

手間をかけずに引越し料金を50%下げるたった1つの方法

安く引越す情報はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*