知らないと損をする!不用品・粗大ゴミの安い処分方法

引越し時には通常の場合と異なり、サイズの大きい或いは一度に多量の不用品や粗大ゴミが出ることが多くなります。

そのために思わぬ出費がかさむということもあり、何かと費用が掛かる引越しだけにできれば安く抑えたいものです。

そこで、不用品・粗大ゴミの安い処分方法についてお伝えしましょう。

 

引越時に出る不用品や粗大ゴミの処分で損をしない為に

不用品や粗大ゴミの処分には、概して自治体での処理と回収業者に依頼する方法との2つに大別されます。

また、自治体では個々に料金体系を含めたルールが設けられており、回収業者では業者によって料金設定や取扱サービスが異なっています。

このことから、引越時に出る不用品・粗大ゴミの処分で損をしない為には、それぞれの料金体系及びサービスを把握し、ニーズに合わせて最適な処分先を選ぶことがポイントになります。

 

不用品や粗大ゴミを特に安く処分するには

引越時に出る不用品・粗大ゴミを特に安く処分するには、まず現在居住する自治体とその地域を対象とする回収業者の料金体系及びサービスを良く確認し、比較の上処分する物や量等によって使い分けることがポイントとなります。

そこで、具体的に自治体では、詳細はそれぞれ異なるものの、全般的に料金はリサイクル法対象品等を除く回収品目別や量、大きさにより設定され、収集所までの自己搬入又は事前連絡による指定日時の戸別回収が行われています。

一方、回収業者では業者によって異なりますが、料金は一般的にリサイクル法対象品等も含む品目別や量等による有料の他、無料回収もあり、日時指定や屋内からの搬出、見積などのサービスも扱います。

 

自治体と回収業者の料金比較

不用品や粗大ゴミの処分料金について自治体と回収業者を比較した場合、まず自治体は公共サービスであることから、個別の料金は回収業者よりも低く設定されています。

もちろん自治体間での違いはありますが、例えばマットレスを除くシングルベッドの場合、自治体の相場は1,600円程度であるのに対し、回収業者では5,000円前後が平均的です。

その一方で、回収業者では民間サービスであるが故に多様化しており、個別の品目別や品目に関わらずトラック1台分など量による有料をはじめ品目を限定又は限定しない無料の回収、更に特定の家電など買取を行う業者もあり、料金体系は一概ではありません。

 

不用品・粗大ゴミを安く処分するにはニーズに合わせ適材適所

引越時の不用品や粗大ゴミを安く処分するには、大型の家具や家電また一度に多量に出ると云う特徴から、それぞれ処分する物や量により自治体又は回収業者を適材適所に使い分けることが重要です。

その際、処分に掛る自己の労力や時間を考慮しない場合、基本的に自治体で回収を行うものであればこちらで処理するのが賢明で、特に先方より日時指定される点からは余裕をもって計画的に行うことが費用を安くするポイントです。

そして、労力や時間も考慮する場合には、回収業者への依頼が適していますが、現在多くの業者がある為料金を比較する際は、見積を得て実際の料金を確認することの他、業者の信頼性を確かめることが費用を安くする上で重要です。

引越しの耳寄り情報

ところで、引越し会社はもう決めましたか?

実は、会社選びを間違うと、金額が万単位で変わりますが大丈夫でしょうか?

こちらに安く引越す情報が書いてありますので、ぜひ参考に見てください!

手間をかけずに引越し料金を50%下げるたった1つの方法

安く引越す情報はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*