入居の前後で比較!単身で新居の家具を準備する効率的な方法

「単身赴任が決まった」・「実家から離れて一人暮らしを始める」など一人暮らしを始めるキッカケはさまざまです。

一人暮らしが決まった時、新居で使う家具をどうするか悩みますよね。

家具を準備するのは入居前が良いのか、それとも入居後の方が良いのかを比較してみました。

 

入居前に家電を購入するメリットとデメリット

入居先も決まって、引っ越しの日取りも決まれば、後は家電や家具など必要なものを揃えなくてはいけません。
入居前に揃えておかないと不便だという話は良く聞きます。入居前に家具を揃えるメリットはどのような点でしょうか。

自分で使っていたものを持ってくるか、備え付けである物件でない限り、新居には何もない状態です。カーテンや照明器具などは最低でも用意しておく必要があります。
ホームセンターなどでまとめて購入すると手間がかからず日付指定で送ってくれる場合もあるので、引っ越し当日から使えてとても便利です。

しかし一方で、実際に使っていくうちに不便だったり、不要なものまで購入してしまうデメリットがあります。

 

入居後に家電を購入するメリットとデメリット

入居後に家具を購入する場合はどうでしょうか。

引っ越し当日は移動などで早くても新居に着くのは午後になってしまう場合がほとんどです。
たくさんの荷物を整理したり近所への挨拶などをしていると、なかなか家電類を購入する時間は取りにくいと思われます。

プライバシーを守るカーテンもなく、夜つける明かりもない中での生活はかなり不便だと想像できます。
すぐに購入できない場合も考えると、これはかなりのデメリットになります。

ただ、入居後に購入するメリットもあります。
具体的にレイアウトを考えやすいため、本当に必要なものだけを購入することができます。自分好みの快適な空間を作りやすいのもメリットでしょう。

 

家具を準備するタイミングで効率を重視するならどっち?

では、家具を準備するのに最も良いタイミングは入居前と入居後、どちらなのでしょうか?

素早く日常生活を送れるようになりたいと考えるなら、やはり入居前に家具を揃えておく方が良いかもしれませんね。

家電量販店などでは単身者用に必要な家電をセットにしてお得な価格で販売している所も多く、送料無料で運んでくれるところもあります。

単身者の場合は、自分が不在の時に代わりに受け取ってくれる人もいないので、引っ越し当日に全て済ませてしまったほうが効率的だと思われます。

もし必要最低限の家具類は引っ越しの際に自分で持ってくるという場合は、生活が落ち着いてから気に入ったものをゆっくり選んで購入するのも良いでしょう。

 

安く済ませるならリサイクルショップを活用することも視野に入れる

引っ越しには何かとお金がかかるものです。
さらに新しい家電や家具を揃えると、かなりの出費になってしまいます。

「出来れば無駄な出費は抑えたい。」そう思うのは当然ですよね。
そんな場合は、リサイクルショップを活用するのもお勧めです。

最近は資源を大切にする考え方が広まり、リサイクルに対する考え方もずいぶん変わってきました。

リサイクルショップも数多くあり、インターネットで買取や購入することができる店もあります。

かなり安い価格で購入できるうえ、洗濯機など衛生面が気になる家電も除菌やクリーニングをおこなっているなど安心して購入できるようになっています。

上手に活用すればかなり出費が抑えられるのでお勧めです。

引越しの耳寄り情報

ところで、引越し会社はもう決めましたか?

実は、会社選びを間違うと、金額が万単位で変わりますが大丈夫でしょうか?

こちらに安く引越す情報が書いてありますので、ぜひ参考に見てください!

手間をかけずに引越し料金を50%下げるたった1つの方法

安く引越す情報はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*