引越しの疑問|水槽・アクアリウムを移動させる5つの手順

魚などの水棲生物の飼育を行っている人にとって、引越しは大きな出来事です。

ちょっとした衝撃でも、ガラス面を割ってしまう恐れがあります。

この記事では、水槽やアクアリウムを移動させる5つの手順を解説しています。

大きな水槽・アクアリウムや熱帯魚の安全な引越し方法の手順は?

大きな水槽は、非常に繊細なものです。

また、飼育している熱帯魚などの生き物にとっても、引越しの負担は大きいです。

慎重に、水槽などアクアリウムの引越し作業を進めなければなりません。

まず行うべき手順の一つ目として、必要な作業や運搬が必要な物品のリストを作成することです。

引越し中は現場が混乱するため、何をすべきかがわからなくなります。

事前にリストで情報を整理しておくと、引越し作業がスムーズにこなせます。

 

引越し前に水槽などアクアリウム設備の梱包作業

アクアリウムの設備を新居へと引っ越しする場合、二つ目の手順として物品の梱包が重要です。

特にガラスでできた水槽は、衝撃により割れてしまわないよう、慎重な梱包を要します。

また運搬中にも、できるだけ振動を与えない運び方が必要です。

またアクアリウムは水槽だけでなく他の設備も忘れずに、引越しのための準備を行う必要があります。

ヒーターなどの器具は、掃除を行ってから梱包します。

また、水槽内に配置する砂利や石や流木などは、周囲を汚さないよう、防水の梱包材を利用すると良いでしょう。

発泡スチロールなどがあると、梱包や整理に役立ちますね。

 

トラックでの輸送段階での心得

アクアリウムの輸送では、飼育している生き物の安全も確保しなければなりません。

三つ目の手順として、トラックなどによる水槽などアクアリウムの物品や生き物の輸送が必要です。

水棲生物の輸送で気になるのが、酸欠の問題です。

輸送中に水中の酸素が欠乏しで、飼育している動物に影響が及びます。

そのため、携帯タイプのエアポンプを用意していると安心です。

もし酸欠が気になるようであれば、エアポンプを作動させて、水の中に酸素を送り込みます。

また長距離の移動が必要である場合には、温度管理についても十分に気をつけるのが大切です。

 

引越し後の荷解きやアクアリウムの再構築手順

アクアリウムの引っ越しの手順として四番目には、荷解きの作業が待っています。

他の品と混在していると、どこにどの物品が入っているのかが混乱します。

梱包材に何が入っているのかを明記しておくと、荷解きの作業がはかどります。

また荷解きの作業が終わったら五番目の手順としてアクアリウムの構築作業を行います。

その際に、水槽の設置場所を確認し、慎重に運ぶ必要があります。

せっかくの手間隙かけた引越し作業も、最後の段階で気を抜くと失敗しやすいです。

また、生き物の状態をチェックして、酸素の供給や温度調整など、適切なケアが求められます。

引越しの耳寄り情報

ところで、引越し会社はもう決めましたか?

実は、会社選びを間違うと、金額が万単位で変わりますが大丈夫でしょうか?

こちらに安く引越す情報が書いてありますので、ぜひ参考に見てください!

手間をかけずに引越し料金を50%下げるたった1つの方法

安く引越す情報はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*