新婚向け!新居に家具や家電を揃える前に準備すべき4つの点

新居における家具や家電の設置には、揃える前に押さえておきたい注意点が大きくわけて4つ存在します。

では、後から困らないために必要な4つの注意点とは、どのようなものなのでしょうか?

 

間取りと寸法に関する情報はあらかじめ押さえておこう

新居が決まったら、最初にするべきことは、間取りと寸法を正確に把握するということです。
目分量でいいと考えている方もいますが、その目分量が後から大きな後悔を招くこともあるのです。

目分量で家具を選ぶと、実際に家具を購入して設置した際に、買った家具の幅が設置スペースを上回ってしまう可能性もあります。
1つの家具だけのズレなら問題ありませんが、買った家具や家電のすべてでサイズが目分量とずれていると、新居で家具の設置が進みません。

このような些細なことでも、夫婦トラブルの原因にもなりかねないので注意が必要です。

 

家電と家具のレイアウトを効率的に決める方法とは

家具や家電のレイアウトは、その場のフィーリングだけで決めればいいと思っていませんか?

ですが、その時はいいと思ったレイアウトでも、実際に暮らしてみると、気に入らず後悔してしまうこともあります。

設置してから後悔することがないようにするためにも、事前にしっかりと決めておくことが大切です。

家具や家電のレイアウトを効率的に決めるためには、最初にどのような部屋の雰囲気にしたいのかイメージを膨らませます。

家具の幅・高さ・色合いなどの条件1つで、部屋の雰囲気は大きく変わってきます。

つまり目指す部屋の形をイメージすることで設置するときのことまでスムーズに決めやすくなります。

 

本当に必要な家電をピックアップ

“憧れの新生活となると、あれもこれも欲しいと考えて、つい色んな家電を買いたいと思う方も中にはいるかもしれません。

ですが、便利だと思って買った家電でも、新居での生活が始まってから使う機会が無く、邪魔になってしまうこともあります。

また余分な買い物を抑えられたら、その費用を2人の生活費用として別の形で使えます。

家電を買う時は、買い物に行く前に生活に欠かせないアイテムをピックアップすることも大切です。

新生活はこまごまとした物まで必要物資が多いため、余分なものを買わない意思も欠かせません。

 

家電は消耗品!将来的な買い替え計画も立てておこう

忘れてはいけないのが、家電は消耗品ということです。
購入してから何年も経てば、買い替える必要も出てきます。

新婚だと見栄を張って、いい家電を買いたくなる方もいるかもしれません。
ですが、今のことだけを考えるのではなく、将来的なことも考えて選ぶことも必要です。

例えば、結婚して数年経てば、子供が生まれているかもしれません。
家族が増えれば、必要になる家電も変わってきます。

このように家族の形が変われば、家の中にも変化が生まれます。

消耗品でもあるからこそ、最初から見栄を張るのではなく、将来買い変えることまで考えて、今の2人に合ったものを買うことも大切です。

引越しの耳寄り情報

ところで、引越し会社はもう決めましたか?

実は、会社選びを間違うと、金額が万単位で変わりますが大丈夫でしょうか?

こちらに安く引越す情報が書いてありますので、ぜひ参考に見てください!

手間をかけずに引越し料金を50%下げるたった1つの方法

安く引越す情報はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*