【引越しの配送】観葉植物・盆栽を傷めずに運ぶには?

観葉植物や盆栽などを育てている場合、「引越しの時には一体どうやって運ぶのだろう・・・。」と心配になります。

この記事では、観葉植物・盆栽を傷めずに配送する方法についてお伝えしています。

 

引越し屋さんに盆栽や観葉植物を任せても傷まない?

引越しをするとき、趣味に関するものの運搬は大変気になるところです。

思いの詰まった大切な、世界に一つしかない大事なものですよね。

また、きちんと梱包できるものなら良いのですが、モノではなく植物だったらどうでしょう。

お任せしたものの、配送時の何らかの衝撃で痛んだり枯れたりしては、悔やんでも悔やみきれませんね。

「こんなことなら自分で一つずつ抱えて行けば良かった・・・。」と後悔しないためにも、引越しの時の植物の取り扱い方についてよく理解しておくことが大切です。

 

基本的に植物は「ペット」と同じ扱い

まず基本的に、観葉植物や盆栽などは、ペットと同じ「動植物」という扱いになり、引越し業者では取り扱わないことが多いです。

ですが、植物だけ専門業者に頼むというのも大変ですので、免責事項(補償の対象外とする事)を適用する条件で、配送してもらえる場合があります。

引越しの見積もりを依頼するときに、植物の運搬についてきちんと確認することが大切です。

免責事項を適用した場合は、運搬途中で植物にトラブルが発生しても、補償の対象外となりますので注意が必要です。

デリケートなものや、貴重で高価なものなどは、植物運搬専門の業者に依頼する事も考えましょう。

 

植物を運ぶための前準備

観葉植物や盆栽を梱包するときの注意点として、直前に水をやらないことが大切です。

鉢から漏れ出る水によって、他の荷物が汚損される恐れがあるからです。

また、水を含んだ土は柔らかくなり、配送中の振動などで根や幹が不安定になり易いです。

前日から水をやらないくらいでちょうどよいのですが、どうしても水をやらなくてはいけない場合は、ビニールを使って何重にも鉢を梱包する必要があります。

その際は空気の取り入れのために、上部に小さい穴をあけておくことが大切です。

水を張った容器などは、水を捨てて植物は別の容器に移し替えます。

 

梱包するときの注意点

梱包は、通常段ボールで行います。

作業については、自分たちでするのか、業者がするのかを見積もり段階で確認しておきます。

自分たちで梱包する場合は、小さい段ボールを使用します。

観葉植物や盆栽は土が入っていますので、数多く入れると重くなります。

大きい段ボールに大量の植物を入れると、その重みで底が抜ける恐れがあります。

小さい段ボールに隙間なく詰め、空間が空いたところには新聞紙などを丸めて入れます。

配送中に崩れないように、キッチリと隙間なく詰めていきましょう。

配送がすんだら、早めに梱包を解いて、水をあげて通常の状態に戻します。

引越しの耳寄り情報

ところで、引越し会社はもう決めましたか?

実は、会社選びを間違うと、金額が万単位で変わりますが大丈夫でしょうか?

こちらに安く引越す情報が書いてありますので、ぜひ参考に見てください!

手間をかけずに引越し料金を50%下げるたった1つの方法

安く引越す情報はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*