引越の挨拶状|はがきの書き方・例文と押さえるべきマナーは?

引越しをした場合、交流のある人達には転居を知らせる必要があります。

メールは送れない人も存在していますし丁寧ではありません。

ビジネス上でも欠かせないマナーですから、きちんとしたはがきの書き方を学んでおきましょう。
 

はがきを送る時期を考える

新しい引越し先を知人に教える場合、はがきを出す時期を間違えないようにしましょう。

転居前の住所に届いた送り物もしばらくは転送してもらえますが、連絡が遅れた場合失礼に当たります。

できれば引越し後二ヶ月以内に連絡するのが望ましいとされています。

日本には年賀状や暑中お見舞いなど手紙をやり取りする時期がありますが、こうしたイベント前に送る事が大切です。

もしも仕事関係の人にはがきを送る場合、新住所を知っていてもらわなければ損益が発生する事もありますので、そうしたケースでは転居と同時にはがきを発送すると良いでしょう。

 

はがきでお知らせする範囲の問題

引越しのお知らせは身近な友人にはメールで済ませる事ができます。

一方メールを使えない環境にいる人には必ずはがきを送るようにしましょう。

またビジネスで関わりのある商談相手や上司には例えメールで一報したとしてもはがきで二重にお知らせしておいた方がベターになる場合があります。

特に特定の相手にははがきで引越し先をお知らせする場合、送られなかった方は自分には来なかった事がシコリとして残ってしまうものですから注意しましょう。

特に親戚関係はこうした情報のやり取りが密ですから、特定の相手に送るよりも親族全員に送る方がトラブルが発生しません。

 

はがきの種類を考える

引越しをお知らせするはがきを人に送る場合、年賀状と同じように相手に合わせてデザインを選ぶ必要があります。

例えば砕けたイラスト入りのはがきを上司や商談相手に送った場合、マナー違反ですからやめましょう。

逆に親しい友人に送る場合、カラフルなものでも問題ありませんし、訪問を願う言葉を添えておけば特に喜んでもらえるでしょう。

この場合遠方に住んでいる友人には新居へのアクセスを特に丁寧に書いておく事が大切です。

またこうしたはがきは家族全員の連名にしておいた方が友人に対する印象が良くなります。

 

はがきを書く上での注意

引越しはがきを知人に送る場合、最も重要な情報は新住所を伝える事です。

しかし長い期間連絡をとっていなかった人にこうしたはがきを送る場合、必要な情報だけに終始してしまえば失礼に当たりますので注意しましょう。

必ず疎遠だった状況を埋めるような挨拶が欠かせません。

またビジネス相手に引越しをお知らせする場合、あまりにも砕けた言葉を使用するのは厳禁です。

送る相手にあわせて畏まった文面を書くようにしましょう。

もちろん冒頭には時候の挨拶を添える必要がありますし、あまりプライベートな話題を書くのは避けたほうが無難です。

引越しの耳寄り情報

ところで、引越し会社はもう決めましたか?

実は、会社選びを間違うと、金額が万単位で変わりますが大丈夫でしょうか?

こちらに安く引越す情報が書いてありますので、ぜひ参考に見てください!

手間をかけずに引越し料金を50%下げるたった1つの方法

安く引越す情報はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*