引越し挨拶用|渡すと喜ばれる手土産・ギフト品の人気ランキング

引越しの時に、ご近所には挨拶をして回るのが一般的です。

その際に持っていくべき手土産について、悩みがちではないでしょうか。

今回は、引越しの挨拶をする理由と手土産についてご説明いたします。

 

引越しの挨拶はどのタイミングで行うべきか

引越しが決まり、近所へ挨拶へ行くタイミングは、引越しの当日が最適と言われています。

挨拶に行く家は、一軒家の場合、向かい側と両隣合わせて3件が一般的です。

マンションなどの集合住宅では、自分の部屋の上下左右で合計4件に挨拶に行くのが一般的となります。

しかし、引越し当日は荷物の運搬や家具家電の設置、旧居の清掃などで忙しい傾向にあります。

そのため、近所へ挨拶に行く時間が限られる場合が多いです。

その場合、一段落してから挨拶を行う方法もあります。

挨拶は引っ越し日から3日まで行うことが望ましいです。

また、挨拶の場合は、手土産を持っていくことが大切になります。

 

なぜ引越し時に近所へ挨拶するのか

新居に引越しをする際に手土産を添え、近所へ挨拶に行くのは、日本では常識の一つとなっています。

これは、賃貸でも同じことです。

さて、近所へ挨拶をする理由は、隣人トラブルを防ぐためと言われています。

例えば、お子さんがおられる家庭の場合、泣き声などが聞こえる場合もあるでしょう。

また、仕事の都合上夜遅くに活動する場合、物音が近所へ聞こえることもあります。

挨拶の際にそのことを予め伝えておくと、トラブルにならず、妥協してもらえる場合があります。

また、普段から近所と親しい関係を構築すれば、万が一のトラブルにも対応できます。

 

どんな手土産が最適なのか

引越しの挨拶に行く際、手ぶらで挨拶するよりも、手土産を添えた方が印象が良いです。

引越しの際に持っていく手土産は、悩みどころになりがちな傾向にあります。

一般的には、洗剤やタオル、石鹸といった日常の消耗品が多く選ばれています。

人にはそれぞれ好みや家庭の事情があるため、あまり凝ったものは避けるのが賢明です。

名古屋から東京など、遠方から引越しの際は、今まで暮らしていた土地のお土産を用意すると喜ばれる場合があります。

手土産への予算は、500円から1500円が一般的です。

 

賃貸の場合、大家や管理人にも用意しよう

賃貸アパートなど、短期間の利用が多い物件に引越しする際も、隣近所への挨拶は大切となります。

その場合、大家さんや管理人へも手土産を添えて挨拶することが望ましいです。

大家さんなどは、賃貸物件を利用する際に一番お世話になる方です。

そのため、手土産は少しハイグレードな品が選ばれています。

一般的には、日本茶、コーヒー、紅茶セットを用意すると、喜ばれる場合があります。

また、菓子折りも不動産会社の接待業務で活用できるので選ばれています。

予算は1000円から2000円前後が一般的です。

引越しの耳寄り情報

ところで、引越し会社はもう決めましたか?

実は、会社選びを間違うと、金額が万単位で変わりますが大丈夫でしょうか?

こちらに安く引越す情報が書いてありますので、ぜひ参考に見てください!

手間をかけずに引越し料金を50%下げるたった1つの方法

安く引越す情報はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*