【引越しの挨拶】訪ねる最適なタイミングと時間帯はこの時!

引越しをする際に迷惑をかけてしまう事もあるため、今まで住んでいた近所への挨拶とこれから住む近所への挨拶はしておくのがマナーとなります。

しかし、いつどのタイミングで挨拶をしたらいいのでしょうか。

今回は、引越しの際の挨拶についてご紹介します。

 

引越しの挨拶に行く時間帯はいつがベスト?

引越しの挨拶に行く時間帯は、基本的に10時から18時までが最も良いとされています。

その中でも午前中の明るいうちに行くと、相手に与える印象も良くなり、またどういう方が住んでいるのかが覚えやすくなります。

しかし仕事などをしている方で、どうしてもこの時間帯に挨拶に行くことが出来ない場合は、せめて21時までには済ませるようにしましょう。

あまり遅い時間帯に行くと、常識がない人と思われてしまう可能性もあるので21時以降は避けておくようにしましょう。

何よりも、第一印象が肝心です。

 

引越ししていつまでに挨拶にいけばいい?

引越しの挨拶は、早いに越した事はありません。

そのため出来れば、引越当日までに挨拶に行くのがベストと言えるでしょう。

しかし、仕事などの都合でどうしても難しい場合には、せめて引越ししてから一週間以内には挨拶に行くようにするのがマナーとなります。

しかし何度か訪問しても相手がいない場合には、粗品を手紙などを添えてドアノブなどにかけておくか、在宅している時間帯にもう一度訪問するようにしましょう。

その場合もあまり遅い時間帯に訪問するのは、マナー違反となりますので注意が必要です。

 

挨拶はどこの家まで行く?

引越しの挨拶はマンションやアパートの場合、自分が住む場所の上下と両隣に行くのがマナーとなります。

また管理人の方がいる場合には、色々とお世話になる事も出てくるかもしれないので、挨拶をしておく必要があります。

その際には、500円から1000円程度の品を持って行くようにしましょう。

品には白赤の蝶結びの水引きの熨斗紙に御挨拶と書き、下には名前を記入しておくようにします。

品物は家庭用品などの洗剤や入浴剤やハンドソープなどが一般的となっていて、相手の方にも喜んでもらいやすい傾向にあります。

 

挨拶はどのようにしたらいいの?

今まで住んでいた所の近所に挨拶をする場合は「引越す事となり、お世話になりました。

粗品ですがどうぞ。

」というように一言添えて粗品を渡すようにしましょう。

転居先での近所への挨拶は「新しく引越ししてきた○○です。

よろしくお願いします。

」と言い、粗品を渡すようにしましょう。

また親戚や知人や友人には、引越しした事をハガキでお知らせするようにします。

時期によって異なりますが、年賀状や暑中見舞いや寒中見舞いなどの準備があるため、引越ししたら早い時期に行うのがマナーとなります。

引越しの耳寄り情報

ところで、引越し会社はもう決めましたか?

実は、会社選びを間違うと、金額が万単位で変わりますが大丈夫でしょうか?

こちらに安く引越す情報が書いてありますので、ぜひ参考に見てください!

手間をかけずに引越し料金を50%下げるたった1つの方法

安く引越す情報はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*